展覧会概要

展覧会概要

ご挨拶

平成27(2015)年7月5日、北九州市の八幡製鐵所を含む「明治日本の産業革命遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録されました。「明治日本の産業革命遺産」は製鉄・製鋼、造船、石炭産業という重工業について、幕末から明治後期に至る日本の急速な産業化を証明する資産です。日本が自主的に西洋の先進技術を導入、在来技術と融合し、西洋以外で短期間のうちに産業化を達成したことが世界史上特筆すべき出来事と評価されました。

本展は「明治150年」と「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録3周年を記念し、「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議が主催して、本市と中間市・大牟田市を巡回開催する「鉄都・八幡の誕生」(第1部)、当館が独自に企画して、「明治日本の産業革命」において北九州が重要な役割を果たしたことを示す「石炭と鉄がつくった工業都市・北九州」(第2部)、北九州市と富岡市の交流事業として、八幡製鐵所と同じ官営工場・世界文化遺産を紹介する「富岡製糸場」(第3部)の3部構成で「明治日本の産業革命遺産」の意義と北九州の近代史を明らかにするものです。本展を通し、地域の歴史を再発見していただければ幸いです。

最後に、貴重な所蔵品をご出品いただいた新日鐵住金株式会社八幡製鐵所をはじめ、福岡県・富岡市などご協力を賜った皆様に厚く御礼申し上げます。

北九州市立自然史・歴史博物館
館長 上田恭一郎

開催概要

展覧会名
世界遺産のまち 北九州と明治日本の産業革命遺産
会  期
2018年12月22日(土)〜2019年2月11日(月・祝)
開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休 館 日
12/29~1/1休館
会  場
北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1 TEL.093-681-1011
入場料

※( )内は30名以上の団体料金
※未就学児は無料

常設展
大  人:500円(400円)
高・大生:300円(240円)
小・中生:200円(160円)
主  催
北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)
「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議(福岡県、北九州市、大牟田市、中間市)
共  催
九州歴史資料館、大牟田市石炭産業科学館、中間市教育委員会、富岡市
協  力
新日鐵住金株式会社八幡製鐵所、飯塚市歴史資料館、岩手県釜石市、学校法人福原学園、菊ヶ丘語ろう会、 北九州市立香月小学校、北九州市立寿山小学校、北原白秋記念館、静岡県伊豆の国市、福岡県立図書館、福岡県立八幡南高等学校
特別協力
毎日新聞社
後  援
「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会
error: Content is protected !!